2017/06/05 11:29

百人一首はご存知の方も多いと思います。 上の句を聞いて下の句のかるたを取る、あの百人一首です。

 

百の歌の中で七つだけ、はじめの一文字で下の句が分かり、取ることができる札があります。
たとえば「むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆうぐれ」という歌がありますが、
「む」から始まる歌は百首のうち一つしかありません。
だから、「む」と聞こえた瞬間に「きりたちのぼる あきのゆうぐれ」の札を取ることができるのです。

このように一文字で分かる歌のことを「一字決まり」と言います。
そんなふうに、一目見て「これだ」と心に決めて頂ける和服を作りたいと思い、ブランドの名前が「いち字きまり」になりました。

 

本日ご紹介するアイテムはこちら、ホワイトにボタニカルのグリーンカラーが爽やかな浴衣です。

 

旅館の浴衣なら、着付けを習っていない方や初めて和服を手に取る海外の方もお風呂上がりにさらっとお召しになれますよね。

あの旅館の浴衣のように、カシュクールのワンピースのように、簡単に着られるシンプルな対丈での仕立てです(おはしょりを端折りました)。

作り帯は子供っぽくならないかぶせ仕様でオトナ可愛く、ベルトをつけるように早く着られるので、暑い夏にぴったりです。

 

作り帯と浴衣のセット販売と、浴衣のみの単品販売がございます。

 

ファッションが大好きなのに浴衣は年に1〜2回しか着ることがなかった方へ、

ぜひ「普段着物」として何度も浴衣で出かける夏を応援したいと思っています。

 

海でもプールでも海外旅行でも、どこへ行くときもとっておきの浴衣で今年の思い出を作りませんか?